May 15, 2019

 

 竜王社会保険委員会峡中支部は、恒例のウォーキング大会を5月12日(日)に実施した。

場所は、岐阜県「馬籠宿」。中山道43番目の宿場町である。参加者は、協会けんぽ山梨支部及び竜王年金事務所の職員を含めて73名。出発地の中央市流通団地の山梨県トラックターミナルを8:00ちょうどに大型バス2台で出発し、諏訪湖サービスエリアで休憩を取ったあと、中津川インターチェンジを降り、目的地の馬籠の駐車場に着いたのは、10:40頃であった。一行はバスを降りて、近くの広場で開会式を行い、ウォーキングに出発した。歩く場所は、江戸時代の中山道、木曽路の宿場が両脇に立ち並ぶ石畳みの坂道で、時間を掛けてゆっくりと登った。時代をトリップしたような感覚に襲われながら、水車小屋や古い民家、売店や土産物屋のほか、島崎藤村記念館、馬籠宿本陣跡などを左右に見ながら、30分位歩いて、見晴台がある展望広場に到着した。

お天気も良かったせいか、展望広場に着いた 時には軽く汗ばんでおり、遠くには山...

July 17, 2018

竜王社会保険委員会 

峡中支部 「日本平」頂上へ向けて62人が裏山をウォーキング。

 竜王社会保険委員会峡中支部は、毎年5月に実施している恒例のウォーキング大会を 5月13日(日)に実施した。峡中支部では、一昨年「江の島」、昨年は「沼津港」と海辺近くを散策し、今年も海の見える場所をウォーキング場所として選定した。参加者は総勢62人で、山梨県トラックターミナル(協)駐車場からバス2台を貸し切って、国道52号線を静岡方面に南下。草薙神社を過ぎ、登山入口近くの開会式を行う広場に到着したのが、午前10時40分頃である。草薙神社は、ヤマトタケルの尊が佩用の剣(身に着けていた剣)を抜いて、「遠かたや、しけきかもと、をやい鎌の(剣に願いをこめる呪文のようなもの)」と鎌で打ち払う様に唱え、剣を振り草を薙ぎ払い、火を逆賊の方へなびかせ、尊は無事に難をのがれたことに由来する由緒ある神社である。開会式を始めるときには、雨が降り出してきたので、足早に式を済ませ、「日本平」頂上...

Please reload

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2018

ryuou-slc