竜王社会保険委員会 事務研修会に70人が参加 年金や健康保険について普段では聞けない情報を担当者からゲット


 2019年10月24日(木)午後2時から、竜王社会保険委員会事務研修会が、協同組合山梨県流通センター流通会館で開かれ、社会保険委員等約70人が参加した。

主催者である田中会長から挨拶、協力機関の竜王年金事務所望月所長、全国健康保険協会山梨支部井上支部長挨拶、山梨社会保険協会一瀬常務理事の紹介と続き、松木副会長から竜王社会保険委員会の活動状況について説明があった。

 研修は、8月に実施したアンケートを基にして、年金事務所からは、「健康保険被扶養者異動届作成・提出に係る留意事項」「在職中の年金受給及び手続き」ほかについて事例を交えながらの説明があり、全国健康保険協会山梨支部からは、「知らないと損する健康保険」として傷病手当金の詳細説明及び生活習慣病の申込方法の変更について説明があった。

 研修内容は、担当者がよく出くわす事例、質問事項と回答など、興味深いものもあり、事務を執る者にあっては参考となる内容であった。

 事務研修会は、委員会が主催して開くものとしては初めてであり、今後も委員から意見をお聴きしながら、ニーズに沿った研修会を開催していく方針である。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2018

ryuou-slc